昆明テロ「美少女」犯人の正体は 16歳あどけない面立ちの衝撃


※当局が公開した犯人の少女。
※当局が公開した犯人の少女。
中国版9.11とも呼ばれる、今月1日に中国雲南省昆明市の昆明駅で起きた無差別殺傷テロ現場。生け捕りにされた容疑者がまだあどけない16歳の美少女だったことが明らかになり、中国内で衝撃を与えている。

中国公安当局は3日、テロ事件の初動捜査結果を発表し、テロリストたちの写真を公開。ウェブで瞬く間に拡散し多くの中国人を驚愕させた。これほどの凄惨な事件を起こしたとは思えないほど幼い少女だったからだ。報道によれば犯行グループ8人のうち、2人は女性だったことが判明しているが、ウイグル族ではないかという他に、犯人らの身元は以前不明のままだ。

昨年天安門で起きた自動車爆弾テロの犯人にも女性が含まれており、中国内において女性テロリストの動きも活発化しているという。

また現場で射殺された女性の犯人は、黒い服を着ていたことから「ブラックウィドウ」なのではないかという憶測を呼んでいる。チェチェンなどで亡くなった夫の復讐のために闘うイスラム未亡人を指す言葉だったが、今では自爆テロを躊躇しないイスラムの女戦士を総称する言葉で使われている。

容疑者の少女の顔が公開されると、中国のインターネットユーザーたちは「天使の顔をして、悪魔の心を持っている」「こんなきれいな少女がなぜ罪のない人々に凶行をはたらいたのか」といったコメントを出している。

文/鷹村優


シェア