女子アナ、ふなっしーに笑いすぎて放送事故 笑いが止まらず視聴者もアゼン?

※画像は『ふなっしー 添い寝抱き枕(全長:約40cm)』。本文とは関係ありません。

※画像は『ふなっしー 添い寝抱き枕(全長:約40cm)』。本文とは関係ありません。
※画像は『ふなっしー 添い寝抱き枕(全長:約40cm)』。本文とは関係ありません。
エキセントリックな言動でゆるキャラ界のトップをひた走るふなっしー、そんな彼が、ある放送事故の原因になったという。昨年10月14日に『うわっ! ダマされた大賞2013秋2時間SP』に出演したのだが、番組内にてドッキリで爆発のなかを逃げまどった。

この様子はインターネット上でも話題になり、ブログやまとめサイトでも数多くとりあげられていた。さてここからが本題なのだがふなっしー爆破映像は、台湾のテレビニュース番組・中天新聞でも「船梨精狂奔逗趣」(ふなっしー爆笑逃走っぷり、ぐらいの意。ふなっしーの当て字は見事!)として紹介された。

ただし、これを紹介した台湾の美人アナ・劉涵竹さん、よっぽどツボに入ったのだろう、次のまじめなニュースを紹介している時に、思い出し笑いが止まらなくなってしまったのだ。視聴者からクレームがあるかとも予測されたのだが、視聴者も笑っていたので「わかる!」の声多数で、無問題!

この「放送事故」は台湾でも多くの人が観ることになり、なんと台湾でもふなっしーのブレイクがはじまった。そして2月6日になんとふなっしーは台湾デビューをとげることになったのだ。笑いは全国共通なんですね!

文/編集部
動画はコチラ