華原朋美の完全復活にはオリンピック利権が絡んでた?

夢やぶれて-I DREAMED A DREAM-(初回限定盤)

夢やぶれて-I DREAMED A DREAM- [Single, Maxi]
夢やぶれて-I DREAMED A DREAM- [Single, Maxi]
2013年、満を持して復活した歌姫・華原朋美。39歳となったいまでも衰えない美貌、そして歌声は、多くお茶の間の視聴者たちを魅了している。2014年1月2日にWOWOWではでは朋ちゃんの復帰後初の単独ライブ「DREAM 〜TOMOMI KAHARA CONCERT 2013〜」を独占放送するなど話題続きだ。

しかし、そんな彼女の完全復活には裏事情があるとも噂されている。

「彼女の所属事務所は最近けっこう大変だったんですよ…。いいタレントが多いゆえについ最近では業界からイジメられているような状態だった。そんな中で、突然手のひらを返したように、他の芸能事務所も朋ちゃんの復活をもりあげたんですよね」(女性週刊誌記者)

この手のひら返しには、朋ちゃんの“恋人”と噂されている竹田恒泰氏(38)が関係しているというのだが。

「恒泰氏というよりは、その父親である竹田恒和氏が、芸能界にとっては重要人物なんですよ。旧皇族竹田宮恒徳王の三男で日本オリンピック委員会(JOC)現会長ですからね。今芸能界は7年後の東京オリンピックを見越して動いています。それだけに、竹田家につながる朋ちゃんの存在は無碍に出来ない」(スポーツ紙デスク)

実際朋ちゃんと竹田恒泰氏は恋愛関係というには、あまりに微妙なところ。ただ、かなり遠回りだと思うのだが、“万一にもという”芸能界の深謀遠慮が働いているという。意外なところをもってまたまたお騒がせの朋ちゃん、7年後の東京オリンピックで、ステージで歌っちゃったりして?

文/田中結子