うんこ味のカレー勝利で究極選択に決着 カレー味のうんこ派はマイノリティ


※画像は「便器のカタチの カレー皿SAN1972」なんという悪趣味な…。
※画像は「便器のカタチの カレー皿SAN1972」なんという悪趣味な…。
「うんこ味のカレーとカレー味のうんこ、食べるならどっち」は「究極の選択」として長年の難題と言われてきた。9月28日に阿佐ヶ谷ロフトでは「【究極のカレーイベント】うんこ味のカレー単独ライブ」が行われて盛況を博すなど、人々の感心は高い。

そこで編集部では18歳〜35歳の女性83人にアンケートを行なってみた。その結果は「うんこ味のカレー」の圧勝だったことを皆様にお伝えしたい。ちなみに得票数は「うんこ味のカレー」が70票、「カレー味のうんこ」はわずか13票だった。この圧勝ぶりを見れば、たしかに選ぶこと自体は難しいのだが、すでに答えが出ている問題だと言えるだろう。

では勝利した「うんこ味のカレー」に投票した人たちは、一体なぜこちらに投票したのだろうか。その理由の1位は衛生問題。「うんこ味のカレーは衛生的だが、カレー味のうんこは汚いから」「食べると腹こわしそう」「肝臓をいためそう」「絶対身体に悪いから」というのが多数。そして健康につぐ理由は人間の尊厳。「そんなものを食べたら人として終わる」「うんこ食べる方が、頭おかしい」「親に申し訳ない」などなど、どれももっともだ。

しかし敗退した「カレー味のうんこ派」にも理はある。それはやっぱり味の問題だ。「温めたうんことか超くさそう。そもそも食えない。だからカレーの方がいい」「カレーの味ならどんな食材でも食べられるから」「まずいのはいや」「うんこ味のものを食べるのがいや」など、とにかく味と臭いがひっかかったようだ。

ちなみに編集部4人も全員「うんこ味のカレー派」でした! 皆さんはどっちですか?

文/編集部


シェア