油そばが最高の料理である理由5 味が自由、カロリー低い、伸びにくい…


油そばをバカにする人は、どうかしてますね。この写真見てください、超うまそう。
油そばをバカにする人は、どうかしてますね。この写真見てください、超うまそう。

東京都内ではチェーン店も増えており、なにかと目にする機会が増えた「油そば」。スープをなくして、タレでからめて食べる汁なしラーメンとでも言うべき食べ物。しかし原価至上主義者たちからは、何かと叩かれることもあるんだけれど、想像以上に素晴らしい料理なんですよ!

その1 味が自由
有名店などに行くと、キムチ、マヨネーズ、辛味噌など様々なトッピングが用意されています。それらを混ぜこぜにして、さらには卓上のニンニク、お酢、ショウガなどをぶっこんで極限まで混ぜて食べる自由度の高さが素晴らしい。好みの味を見つける求道性もあるし、その自由度からは、油そばは普通のラーメンよりもクリエイティブとも言えるのかも。

その2 カロリーが低いらしい
こってりラーメンと比べての話なんですが、スープがないぶんカロリーが低いと言われています。ただし、もともと1.5玉分の麺の量があったりするので、そこは気をつけたいところです。油抜きがオススメです。

その3 麺が伸びにくい
これもスープにはいった通常のラーメンとくらべての話です。昨日筆者が早朝の日高屋に行ったところ、ガン寝している40代ぐらいのサラリーマンの方がいました。そして横には一口も食べていない油そば。ちなみに、筆者は30分ぐらい店にいたんですが、出る頃になって起きたサラリーマンのおじさんが、普通に食べてました。超眠い時など、ラーメン屋に入ったら油そばを頼むのはリスクヘッジになっていいのかも。

その4 材料費が低い
油そばは材料費が低く、そんなものを食べるのは損にちがいなく如何なものかという、愚かな意見を目にします。違うんです、かぎりなく材料費が低いのに、たいした技術もかかっていないのに、それでも高い金(600円ぐらい)をはらって食べる、それはセレブ感というものです。元の価値ではないところに、別の価値を見出して食べる、そんな優雅な食べ物なのです。

その5 超美味しい
味が強すぎて美味しいと思わない人もいるでしょう。しかし、その1〜その4をたした総合力はかなりのもの。シンブルかつジャンクな味わいが一部の好事家を魅了します。

どうでしょうか、全方向から見ても油そばって最高の食べ物なんですよね。油そばディスする奴とかは放っておきましょう! さあ、みなさんも油そばを食べにGO! GO! (先日の記事に油そばファンが激怒しているので、編集部で最大限まで油そば擁護をしてみました!)

文/編集部


シェア