世界1のデブに美人すぎる恋人できる 「悲報!」となげく普通のデブ達


す、すげー!
す、すげー!

英国サフォーク州に住む世界一のデブ、ポール・メイソン氏(52)に恋人が出来たとして話題になっている。氏の体重はかつて444キログラム、一日に20000カロリーを消費していた。顔はよく見るとイケメンなのだが、映画『スターウォーズ』に出てくるジャバ・ザ・ハットをも優に超えるその体型は、世界中で注目を集めていた。

しかしこれだけのデブ、当然健康に問題も出るわけで、300キロ近くの脂肪を吸引する大手術を行なった。それによりメイソン氏の体重は現在、152キロまで減少したのだが、全身が「まるでキンタマのように」皮が余ってしまう状態で、今後手術をすることが決まっている。

こんなメイソン氏のドキュメンタリーが放映されたのだが、なんとこれを観ていた米国マサチューセッツ州に住む美女、レベッカ・マウンテンさんが一目で彼のとりこに。SNSを通じてメイソン氏に連絡をとり、以降3ヶ月にわたり、Skypeやフェイスブックのチャットで恋をあたためて来たという。

世間的にはおめでたいような気がしなくもないニュースだが、海外のSNSでは「デブも極めればこんな可愛い彼女ができるのか」「彼女は世界一のデブ専だな」「でも300キロも痩せたから、別れるのも間近なのでは」といった意見もあがっている。

※写真はmailonlineより。右が恋人のレベッカさん、可愛いですね!
※写真はmailonlineより。右が恋人のレベッカさん、可愛いですね!

メイソン氏は今後彼女の住む米国への移住を考えているという。お幸せに!

文/高日洋光


シェア