黄身も白い卵がふつーに存在した! 鶏に米を食べさせると白身×白身に


宝石みたいで美味しそう! イヨエッグスタッフブログより。
宝石みたいで美味しそう! イヨエッグスタッフブログより。

ニワトリの卵と言えば、当然黄身は黄色で、白身は白いというのが常識だ。しかしそんな常識を覆す卵が存在する! 愛媛県の有限会社イヨエッグや、東京都国立市の国立ファームでは黄身も白い卵が売られているのだ。

実はニワトリの卵の黄身の色は、食べさせているものの色に影響される。飼料のとうもろこしに含まれるカロテノイド色素が黄身を黄色くしているのだ。さらに多くの養鶏場では色を濃くするためにパプリカやマリーゴールドを加えている。そうすることによってオレンジっぽく鮮やかな黄身の色になるのだ。そしてこの色と栄養量に相関関係はない。赤く鮮やかで美味しそうにみえても、栄養価は変わらないのだ。ちなみにこれは殻にも言える。赤い卵も栄養があるわけではないのである。

さて本題だがイヨエッグや国立ファームでは、飼料に米を与えることで黄身を白くしたものを販売している。この卵を使うとケーキなどの焼き菓子は上品な白い色に仕上がることで好評となっている。見た目もなんだか水菓子っぽく、卵嫌いな人にも受け入れられているとか。これらの卵を使えば真っ白な目玉焼きも焼けちゃうぞ!

(文/高根京太)


シェア