甲子園決勝=ブルーベリーのワケ

グローブアイキャッチ

グローブ1
栄冠はどちらのチームに?
いよいよ決勝、栄冠は誰の手に?

夏の全国高校野球選手権大会、すなわち甲子園の決勝が行われる今日は、1年のうちでもっともブルーベリーが注目される日でもある。それはなぜか。

甲子園は全試合NHKで放送されるが、関西ではNHKに加えてABC朝日放送でも放送されている。このスポンサーに、ブルーベリーを使ったサプリを扱う”わかさ生活”という会社がついているのだ。このため、野球中継の時間帯は、同社の主力商品『ブルーベリーアイ』のCMを頻繁に見ることになる。

決勝だけは関西以外でも

さらに甲子園の決勝は、関西以外の地域でもテレビ朝日系列局で放送される。つまり、『ブルーベリーアイ』のCMが全国で、何度も何度も流れるのだ。

ネット上では、『ブルーベリーアイ』のCMを見ることを夏の風物詩と捉えている人もいるぐらいだ。2ちゃんねるの実況板などでは、試合を見たいのかCMを見たいのか、どちらか分からないほどに興奮気味の書き込みすら目立つ。

その他のCMも流れるが……

なお、例年はこの『ブルーベリーアイ』のCMの他に、京都銀行、大阪芸術大学、NTTdocomoのCMがローテーションで流れる。関東の甲子園ファンで、この1日をきっかけに京都銀行と何らかの取引を始めたり、大阪芸術大学への進学を決める人が現れるかどうかは不明だが、『わかさのブルーベリーアイ』は、この日をきっかけにその存在を知り、注文する人もいるのだとか。ブルーベリーは目にいいとされている。視聴者は夏の間ずっと小さな白い球を見っぱなしで、目に疲れを感じているのかもしれない。

熱戦の火ぶたは、今日正午に切って落とされる。CMともども、目が離せなそうだ。

(文/林田卓夫)


シェア