和民のお通しは牛丼+生卵より高い 「367円」問題はなぜ語られないのか?


筆者が和民に行った時のお通しは塩キャベツでした。美味かったよ!
筆者が和民に行った時のお通しは塩キャベツでした。美味かったよ!

ブラック企業だとしてもそこは問題じゃない?

「ワタミグループで働いてもいないクセに、ブラック企業だと言って叩きまくってる人たちはおかしいですよ! それよりも消費者として最大の問題は、お通し代ですよ!」そんなことを言って怒るのは、実話誌などでB級グルメネタを執筆するライターA氏だ。

現在、毎日のように週刊誌やインターネット上で叩かれまくっているワタミグループと渡邉美樹会長。夏の選挙に出馬する渡邊氏をめぐり「日本をブラック化させるな」と訴える人々からの批判が相次いでいるようだが、A氏はそんなことよりもお通し代の方が問題だと主張する。

「知ってますか、ワタミグループが経営する居酒屋のほとんどのお通し代は、現在税込367円もするんですよ! 吉野家なら牛丼並盛と生卵を頼んでも330円、サイゼリヤのミラノ風ドリアなら299円、はなまるうどんなら、ぶっかけうどん小にいか天のせて315円、いかに和民のお通しが高いかわかるでしょう」(前出・A氏)

実はお通しはカットできる!

たしかに、そう言われると高い気がするが、居酒屋のお通しってそんなものなのかなあと。でもそう言えば和民って、席に通された時に「お通しいりません」って言うとお通し代なしになるはず。

「…な、な、なんですと、そんなこと座る時には一言も言われないじゃないですか! しかもメニューに書いてあるって? (インターネットで和民のメニューを見たA氏)たしかに書いてありますが、これ、ノミの行列レベルの小さな文字じゃないですか! ブ、ブラックですよ! もう許せません!」(前出・A氏)

A氏の怒りはさすがにどうかと思うのだが…、繰り返しになってしまうけれども、和民のお通しはカットできるのだ! お通しを頼まないだけで、翌日のランチに牛丼+生卵を頼むことができる、覚えておくといいですよ!

文/実袖遊飛