注目の朗読劇「顎門の如き、雲の峰」に鈴木裕斗、永野由祐、寺島惇太、橘龍丸らが出演

オリジナル朗読劇「顎門の如き、雲の峰」が12月5・6日に東京・北沢タウンホールにて上演される。同作品は今注目の朗読劇。

今年7月には人気俳優の石渡真修、杉江大志、吉田知央、廣野凌大の出演で配信されて大きな話題となった。今回は、声優の鈴木裕斗、永野由祐、寺島惇太、橘龍丸らを迎えての劇場公演、より大きなスケールに、前作以上の期待が集まっている。

脚本は藤丸悠理、演出を山口磨美がつとめる。舞台は13年前の夏を最後に途絶えていた夏祭り「龍門祭り」が久しぶりに行われる、四国の山中の町。夏祭りに向けてにぎわう中、「七日怪談」の言伝えと「囚われ人」伝承がうごめき出し……。

今回は昼夜公演でエンディングが異なるほか、各回アフタートークも実施。また、12月5日15:00開演回と19:00開演回ではライブ配信を予定。劇場チケットの先行抽選販売

チケット詳細情報
https://eplus.jp/sf/detail/3296040002

★公演日時 12月5日(土)
【昼の部】 開場14:15 開演 15:00
【夜の部】 開場18:15 開演 19:00
 昼夜・各公演とも終演後アフタートークコーナーあり

★公演日時 12月6日(日)
【昼の部】 開場12:15 開演 13:00
【夜の部】 開場16:15 開演 17:00
 昼夜・各公演とも終演後アフタートークコーナーあり