美味しさも節約も叶う! 今だけ増量中の『水出し緑茶・ほうじ茶』をおためし

これから本格的に暑くなる時期、水分補給は必須だ。自販機でペットボトル飲料を買ってもいいが、時代はマイボトルが主流になりつつある。『水出し緑茶・ほうじ茶』は、水出し茶が手軽に出来るティーバッグ。国産茶葉を100%使用し、安心して毎日飲める緑茶とほうじ茶が、今だけ増量中だと言う。マイボトル派や、節約したい人には嬉しい知らせだ。その手軽さや味も含めて、増量期間などをチェックしてみよう!

 

『水出し緑茶・ほうじ茶』はこだわりの国産茶葉100%使用!

『水出し緑茶・ほうじ茶』(50パック+増量4パック・オープン価格・発売中)を扱う国太楼(埼玉県所沢市)は、創業以来お茶を扱う老舗企業。安くて良いものを提供したいというこだわりから、世界中で農園を探し、お茶どころ静岡とほぼ同じ緯度にあるオーストラリアでお茶を栽培。
自社で農園を抱えることで、品質の管理やコストダウンが可能になり、安く安全な茶葉が販売されている。

夏の水分補給に役立つ、54パックになって増量セール中!

4パック増量中!

『水出し緑茶・ほうじ茶』は、6月上旬~7月下旬にかけて「ご愛顧感謝増量セール」として、通常の50パックに4パックをプラスして販売中だ。

パッケージ裏面には作り方が記載されている

水出しが可能なので、マイボトルにポンと入れて持ち歩くだけで、ペットボトル飲料の代わりになる。

お茶の味がそのまま出やすい、抽出性の高いフィルターを使用しているそう

500mlに対し1パックを入れて、2時間ほど放置するだけで美味しいお茶の完成だ。コスパが良いので、節約にもなる。ラテマネーを無くしたいなら、断然マイボトルでお茶を用意することおすすめしたい。

家で飲む場合もカンタンに作ることが出来る。

デカンタなどの大きな容器に『水出し緑茶・ほうじ茶』どちらかを2パック入れ、1ℓの水を注ぐだけ。

後は冷蔵庫で2時間放置すればOK。

濃く緑茶感を出したい場合、お湯で出すと、茶葉の深い味と抹茶が濃く残る。もっと濃いほうが好みという人には、少量のお湯で出しておいて、後は水を足して放置する方法がおすすめ。渋みも少なく濃いめに出るので、ぐんと緑茶感が出る。

さらりとした飲みやすさで潤い確保『水出し緑茶』

『宇治抹茶入り水出し緑茶』は、深蒸し茶葉を使用しているので味わいも良い。

粉末の抹茶入りでより鮮やかさと風味を引き出している

さらに、微粉末に挽いた宇治抹茶入りで、色も鮮やかな緑に仕上がる。水を入れてかき混ぜると、すぐに薄い緑色に色付いた。

一口飲んでみると、渋みも無くスッキリしていて、ゴクゴク飲める印象だ。緑茶の味わいはしっかりしているのに、渋さやえぐみは無いので、上品な甘味が後に残る。

 

香ばしさでリフレッシュ『水出しほうじ茶』

『水出しほうじ茶』は、茶葉の水分を乾燥させてから焙煎する、二度炒り製法をしているので、香り高いのが特徴。

茶葉の芯から焼き上げることで香り高くなる

パッケージを開封した瞬間から、香ばしさがふわりと漂う。緑茶同様、水を注いで2時間放置しておく。

マイボトルにティーバッグを入れておくだけ

キレイな茶色に抽出!

一口飲んでみると、ほうじ茶特有の香ばしさが口から鼻に抜ける。水出ししているので、後味はスッキリしている。香ばしさだけが残り、渋みは無い。喉が渇いた時にも良いが、ちょっとリフレッシュしたい時にも良さそう! お湯で出すと更に深い香りと濃い味わいで、お茶請けが欲しくなるような香ばしさだった。

『水出し緑茶・ほうじ茶』は、6月上旬~7月下旬にかけて4パックプラスの「ご愛顧感謝増量セール」を実施中。

 

全国のスーパーや卸売店舗にて購入可能だ。詳しくは公式ホームページをチェック!



記事/おためし新商品ナビ

シェア