kiriクリームチーズとホワイトチョコのマリアージュ『味わい特別トッポ<コクのホワイト>』は、白ワインとともに頂けば贅沢の極み! 

 

ホワイトチョコって、おいしいけれど、ちょっと甘ったるくて……。そんなふうに思っている方、多いのではないだろうか。しかし、そんな方にこそおすすめしたいのが、『味わい特別トッポ<コクのホワイト>』だ。そのホワイトチョコには、あるとっておきの材料が使われているという。

 

日本初! 定番クリームチーズブランド・kiriとのコラボで生まれたホワイトチョコとは?

定番トッポといえば、さくさくのプレッツェルと、マイルドなチョコレートの絶妙なバランスで、大人から子どもにまで愛されている。そんなトッポシリーズの新作、ロッテ『味わい特別トッポ<コクのホワイト>』(2袋入・想定小売価格 税抜250円前後・2018年12月4日発売)が気になる。

「kiri®クリームチーズで仕上げたコクのあるホワイトチョコ」とは、いったいどんな味がするんだろう。ほかにも「特別な味わい」だの「ちょっと贅沢な」だの……大人ごころをくすぐるワードがちらほら。早く食べたいのを堪えて、箱の裏を見てみると--。

下部にある通り、チーズパウダーにkiriのクリームチーズが使用されているらしい。ちなみに調べてみるとkiriとのコラボは日本のチョコではトッポが初とのこと。

 

 

kiriといえば、世界中で愛されているフランス・ベル社のチーズ。日本でも米国発のクラフトブランドによる「フィラデルフィア」(森永乳業)と人気を二分する輸入クリームチーズブランド。まろやかな口当たりとコクのある味わいで、クラッカーと相性ばっちり。それを原料に用いたホワイトチョコなのであれば、さくさくのプレッツェルとの相性も良いのではなかろうか?

 

 

最後までkiriたっぷり!ホワイトチョコをクリームチーズでクリーミーに仕上げた甘い誘惑

『味わい特別トッポ<コクのホワイト>』の箱を開けてみる。と、ご覧のような2袋入り。袋のひとつを開封してみる。すると、ふつうのトッポより、ひと回り太めのトッポが顔を出した。

先からあふれんばかりのホワイトチョコ。割ってみると、ぎっしり中まで詰まっている。

そして、ほのかに香る、クリームチーズの甘い匂い……もう待てない。味の方はいかがだろうか。いざ、実食--。

 

さくさくのプレッツェルと、たっぷりのホワイトチョコが、マッチしている。甘すぎず、でもしっかりとコクもあって、そして何よりクリーミーだ。鼻に抜けるクリームチーズの香りまで楽しめる。これならkiri好きやトッポ好きはもちろん、ホワイトチョコが苦手だという方にもおすすめできそうである。

 

 

女子必見!新作トッポには白ワインが合うかどうか、確かめた

kiriのクリームチーズ乗せクラッカーが白ワインと合うのなら……ノリと勢いで、白ワインと『味わい特別トッポ<コクのホワイト>』の相性を確かめてみることに。

結論から言うと、白ワインとの相性はばっちり。プレッツェルのさくさく感と、クリームチーズの香るホワイトチョコが、白ワインの酸味と調和する。ふつうの白ワインと一緒にいただいたが、スパーリングでも良さそうだ。

 

ということは、ただのおやつとしてのみならず、夜のひとりワインや、ホームパーティーにもぴったりなのでは。『味わい特別トッポ<コクのホワイト>』は、もしかすると日常のあらゆるシーンで見かけることになるかも?

 

『味わい特別トッポ<コクのホワイト>』は、全国のコンビニやスーパーなどで買うことができる。

 



記事/おためし新商品ナビ

シェア