ギネス認定された「世界一長い1コマ漫画」が長すぎる!!!!! 1コマ漫画なのに読み終わるまで30分以上も…!!!


日本発の「世界一長い1コマ漫画」がこの度ギネス認定されたことが判明した!

この作品は、漫画・電子書籍レンタルサイト「Renta!」(レンタ)で4月19日から公開されていた全長25メートルの1コマ タテコミ漫画『1コマの国のアリス』。「デジタルコミックにおける最長の一コマ漫画」として、同日にギネス世界記録に認定されたという。

ギネス世界記録としては、記録名「デジタルコミックにおける最長の一コマ漫画」、記録数値は「163,631dp」。(画面上の表示要素の幅や高さなどを指定する長さの単位の一つ)となっている。

同作は、「不思議の国のアリス」をモチーフに女子高校生を主人公にした、人気作家凸ノ高秀氏による描き下ろし。ストーリーは「不思議の国のアリス」に準じた設定だが、少女漫画、スポーツ漫画、サスペンスなど、さまざまなジャンルの漫画の世界に主人公が登場。その世界ごとのお悩みを解決していくというストーリー。

「不思議の国のアリス」同様のうさぎも登場し、主人公の身体の大きさが変化するといった場面も。またスマホの画面に対する主人公のサイズ感なども楽しめるほか、高速でスワイプすることによって穴に落ちていく様子を臨場感あふれる作画で表現するなど、スマホで読むタテコミ漫画にしかできない仕掛けなど、“ならでは”の楽しさにあふれたものなっている。

単行本約1冊分を1コマに凝縮した全長25メートルのタテコミ漫画にとなっており、アニメを観ているような臨場感を味わえる。また同作品を読むのには数十分、またその演出もゆっくり楽しんでいくと1時間以上かかったという声も多数だ。

作者の凸ノ高秀氏は、ギネス世界記録となったことに「男に生まれたからには一度は世界一になりたいもの…と子供のころから思っていたので、とてもうれしいです」とコメント。

25メートルの漫画を作る上で「大変だったのは、何もかもが初めての挑戦である上に、前例がないため検索しても作り方のノウハウなども存在せず、話作りから何から全て手探りという状況。“作り方を考える”というのが一苦労でした。あと単純にボリュームが尋常じゃなかったです」

また「工夫した点は『スマホ縦スクロールで読む』ことが楽しくなるギミックと、漫画を読むこと=その世界に没入することという視点を、キャラを通して読者に追体験してもらえるようなシナリオ作りの2点です」と語っている。

また今回でラストというわけではなく、次の挑戦には「わかりやすく倍の50メートルと言いたいですが、命に関わるのでとりあえず5メートル刻みの30メートルで…」とも。