セクシー過ぎる看護師、患者が興奮しすぎるため解雇 看護協会は「イメージ損ねるため」と説明

あまりに色っぽい女性看護師が、セクシー過ぎることが問題となり病院を事実上の解雇をされたことが、海外で大きな話題になっている。

複数の外信が伝えたところによれば、解雇された問題の女性看護師は、タイ国のパンさん(26歳)だ。写真を見ていただければわかるように女優やモデルのようなスタイルと美貌。だが、そんな彼女のスタイルが“災い”して、妙に色っぽく見えてしまうのだ。

彼女のSNSにアップされた写真に対して「まるで日本のセクシー女優みたい…」「スタイルが良すぎてコスプレ感が出ている」「本当に看護師なの」なんて失礼な意見が、ネット上でもりあがるほど。

また、患者たちが彼女のことを頻繁に見に行こうとし、院内が落ち着かないなど、かねてからその圧倒的な美しさが問題になってきたのだ。結局、彼女は“やっかいもの”として病院から辞職勧告されて辞めることに。

海外メディアに対してタイの看護協会はその処分について「彼女が看護服を着て働くことで、看護師に対して性的な視線が向けられるおそれがある」「彼女一人のためにイメージが損なわれるのは避けなければならない」などと説明。

退職後、パンさんは自身のSNSに「私のために看護師のイメージは失墜させたくない」として「こうやって自分が議論の話題になったことに絶えられず仕事を辞めた」とコメント。

美しすぎることは罪だったのか…。

文/高野景子

シェア