流行の『ハンドスピナー』とは一体? ブームの背景から購入時のチェックポイントまで、詳しい人に聞いてみた

2017年の春先から各メディアで“流行中”といわれている『ハンドスピナー』をご存知だろうか。安いものなら300円から、せいぜい3,000円程度で購入可能。ただ回すだけのシンプルな玩具で、コマやヨーヨー、或いはペン回しに近い手慰みアイテムである。今回は、自身もハンドスピナー通販ショップを営む日本ハンドスピナークラブ代表山本智也氏にインタビューを行い、流行の背景から購入時のチェックポイントまで、詳しい話を聞いた。

『ハンドスピナー』には有名メーカーが存在しない

このブームは1年持たないと思っています(笑)


そう語る山本氏は、ほかならぬ自身がハンドスピナーの大ファンだという。そもそもハンドスピナーはブームの発生が特殊で、商標や特許を保有するオリジナルなメーカーがいない。流通しているハンドスピナーはほぼ100%が中国の無名メーカー製。中国工場と取引して輸入販売の仕事をやったことがある人ならば、だれでもハンドスピナーを仕入れることができるのでは、と山本氏は語る。無秩序な状態だから「共有地の悲劇」が起きることを懸念している。

私自身、輸入ビジネスを本業にしています。商談中に中国人の方がクルクル回していて、それ何ですか? というのがハンドスピナーとの出会い。そこから、一気にハマりました(笑)。ハンドスピナー専門のネットショップを立ち上げて、これまで150種類以上のハンドスピナーを手に取って回しています。自分のショップの利益を守りたいのはもちろんですが、この魅力的なアイテムが一過性のブームで終わってしまうのが惜しくて、クラブを立ち上げました。「ハンドスピナー(Hand Spinner)」および海外での呼称「フィジェットスピナー(Fidjet Spinner)」で、商標登録も申請中です。

次は、実際に購入する際の選び方についてお伝えしよう。

 

『ハンドスピナー』の選び方

基本的には見た目のデザインで選んで頂いてOKです。材質はプラスチック製と金属製があり、それもお好みで。

なるほど、実際に手に取ってみると、なんとなく好みがわかれるものだ。

サイズが大きいと回しづらく、女性向けではない。

金属製は重厚感があるが、ポケットに入れて気軽に持ち歩くのには向かない。

“シャー”という回転音が大きいモデルと、ほぼ無音のモデルが存在した。

記者は、金属製の方がよく回るような先入観があったが、必ずしもそうでないこともわかった。

滑らかに、長時間回り続けるのが良いハンドスピナーの条件ですが、個体差が大きいのです。同じ製品であっても一つひとつ違います。大手メーカー品と違って品質チェックが甘いので、致し方ないところです。もしハズレを引いてしまった場合は、残念ですが諦めるしかありません。せめて信頼できるショップで購入すれば、明らかな不具合があった際は、返品交換に応じてもらえるかもしれませんね。

 

気を付けたいのは、水に濡らさないこと。滑らかな回転を支えるパーツ「ベアリング」がすぐに錆びてしまう。

 

ベアリングは普通に使用しているだけでもいずれ劣化するので、回らなくなってきたら寿命です。ベアリング交換できるモデルも一部存在しますが、基本的には本体ごと買い替えです。オモチャですからね(笑)

 

日本ハンドスピナークラブ代表・山本智也氏のおすすめモデル

以上の話を踏まえて、山本氏におすすめのハンドスピナーを聞いた。

1位は、当店で「アルミット」という商品名を付けているものです。

アルミ製で軽く、iPhoneのようなオシャレな色合い。片手でも回せるサイズ感で、女性にもおすすめです。

 

2位は、もっともスタンダードな「トリプルスピナー」。

一般的に「ハンドスピナー(Hand Spinner)」「フィジェットスピナー(Fidget Spinner)」といえばこの形、というモデル。尖ったところがなく、プラのやさしい手触りが魅力。なお羽に埋め込まれているベアリングは飾りです。

 

3位は「プライズ」。高級志向の削り出しモデルです。銅製で、かなりの重量感があります。回転の持続時間が非常に長く、8分以上回る個体もあります。価格は12,800円で、人と違ったものを求める方は、ぜひどうぞ(笑)

日本ハンドスピナークラブの公式ホームページには、ほかにも様々なハンドスピナーのレビューを載せていますので、ご興味があればぜひご覧ください。

 

日本で『ハンドスピナー』がブームに至るまでの歴史

ハンドスピナーのブームについて時系列で語っていただいた。

 

ネットに出回っている情報を見ると一部誤りもあるようですが、おそらくこれが一番正しいと思います。ショップの“中の人”として、ブームを肌身で感じていますので(笑)

 

1993年筋無力症という難病にかかった米キャサリン・ヘディンガーさんが、筋力がなくても娘と遊べるおもちゃとして「フィジェットスピナー」の原型を発明。
1997年キャサリンさんが「フィジェットスピナー」の特許を取得。しかしビジネスとしては成功せず。
2005年特許の更新料400ドルが払えず、キャサリンさんは特許を失効。いくつかのメーカーから医療用グッズとして1万円~3万円程度で販売されるも、やはり成功せず。
  
2016年9月米国で「フィジェット・キューブ」なる手持ち無沙汰解消グッズがクラウンド・ファンディングで6億8000万円の出資金を集めて話題となる。これにより、フィジェット(手遊び)アイテムが注目される。
2016年12月米有名経済誌「フォーブス」にビジネスマンのストレス解消グッズとして「フィジェットスピナー」が取り上げられ、これをきっかけに米国内で大ヒット商品となる。
  
2017年3月28日日本のYoutuberセイキンさんが、自身の出演する動画で「ハンドスピナー」を取り上げる日本のメディアにはじめての露出
2017年4月28日フェイスブック内コンテンツ「タイムラインニュース」が「ハンドスピナー」についての記事を掲載
2017年5月5日日本テレビ系列「ZIP!」が「ハンドスピナー」について放映
2017年5月8日WEBサイト『ねとらぼ』が「ハンドスピナー」についての記事を掲載しYahoo!ニュースのトップに表示される。国内ブームのはじまり。翌日にはGoogleの急上昇検索ワードランキングで「ハンドスピナー」が1位を獲得。
2017年5月10日インターネットテレビ局「AbemaTV」が日本ハンドスピナークラブを取材
2017年5月14日日本テレビ系列「News every.」が日本ハンドスピナークラブを取材
2017年5月15日日本テレビ系列「Oha!4 NEWS LIVE」が日本ハンドスピナークラブを取材
2017年5月17日フジテレビ系列「めざましテレビ」が日本ハンドスピナークラブを取材

 

現在に至る。

 

 

まとめ:クセになるのも理解できる『ハンドスピナー』

日本での流行当初はユーザーの9割程度が男性で、30~50代ぐらいのサラリーマンが多かった印象です。今では女性が約4割に変化しましたが、年齢についてはまだ若年層までリーチしていません。子どもに浸透したタイミングで、さらに大きくヒットするんじゃないでしょうか。

 

と山本氏。

 

取材が終わる頃には、おためし新商品ナビのスタッフもそれぞれ自分好みのスピナーが分かれていた。購入を考えている方は、可能であれば店頭でいくつか回し比べてみてほしい。ただ回すだけのオモチャでありながら、一つひとつに個性がある。自分の感性に合うものが見つかると、手放せなくなってしまうのは理解できる。

また今回のスピナーに限らず、手慰みツール「フィジェット(Fidget) 」という概念は、今後トレンドになりそうな予感がした。

『ハンドスピナー』の購入は量販店もしくはネット通販で。

記事/おためし新商品ナビ

シェア