車にひかれた犬を、もう一匹の犬が起こそうとし続ける… 泣けてしまいすぎると全世界で大きな話題に

車にはねられて地面に倒れてしまっている犬を、もう一匹の犬が必死で“起きてくれ”とする姿が、涙をさそうとして全世界で大きな話題になっている。

中国メディア「東森新聞」が公開した映像によれば、これは浙江省衢州市で今月17日に撮影されたもの。

雨が降り、たくさんの自動車が通る道路のセンターに茶色の大型犬が倒れている。その横には、友達なのだろうか、そのパートナーなのだろうか? もう一匹の犬が、倒れた犬を引き起こそうとしたり、その身体をさすってみたり。

しかしどうしても、どれだけ時間がたってもその“相方”は動かず、もう一匹は悲しそうな声で鳴く。報道によれば、この犬はそれから30分ほどもそうし続けたという。

動かなくなった相棒に呆然と…。

首をかんで起こそうとするが。

唸り声をあげて呼びかけても応えてはくれない…。

どうしても動いてくれない、応えてくれない。

YouTube上のコメントも、その姿に心をうたれ「泣いてしまった…」というコメントが続出している。

大切な人が死によって“動かなくなる”ということは、人間だけではなく動物たちにとってもあまりにショックで、うろたえて、どうしていいかわからなくなってしまうことなのか。

動画はこちらから
文/高野景子

シェア