男女のいとなみ多い女性は記憶力がいい、大学研究により明らかに テスト成績高く、複数男性の管理も余裕


異性との“いとなみ”が多い女性は、記憶力がばつぐんに良いことが大学研究により判明した。女性でそういった頻度が多いことは、ネガティブにとらえられ知性が低いように称する男たちも多いのだが、むしろそういう女性は頭が良いと言えるわけだ。

この研究をおこなったのはカナダのマギル大学心理学研究チーム。18〜29歳の女性78人の記憶力をテストし、それ以降の参加者の月経周期と経口避妊薬の使用の有無、“いとなみの頻度”について調査を行った。

私の記憶力がわるいの、する機会がないからなのか…。

その結果、頻度が高い女性ほど、記憶力のテストで高得点を獲得したのだ。

もちろん実際には、そういった行為が記憶力を向上させるか、記憶力がいい女性がそういったことの頻度が高いのか、その相関性について今後のさらなる研究が必要だという。

研究チームのチーフは、複数の変数をより体系的に制御して調査を行えば、そういった行為の頻度やそれそのものが記憶に影響を与えているかがわかるだろうと予測している。

文/関本尚子


シェア