正しい姿勢、うつ病の緩和に役立つ 姿勢悪いと気分落ち、姿勢良いと

正しい姿勢イメージ

正しい姿勢がうつ病の緩和に役立つという研究結果が出た。つまり、姿勢良くしていることは心に良い影響をもたらし、姿勢悪くいると心には悪影響があるということなのだ!

ニュージーランドのオークランド大学の研究チームは、姿勢が心理に及ぼす影響を確認するために、軽度〜中程度のうつ病の診断を受けた61人を対象に実験を行った。

実験中、参加グループの半分は背筋よく座るように指示、一方残りの参加者は自由に座るようにした。

その後聞き取り調査を行ったところ、正しい姿勢でいた人たちは実験中の自身の気持ちについて、活力や元気さを感じていたことが分かった。

この研究をおこなったエリザベス・ブロドベント博士は「まっすぐに背を伸ばして座っていると、だらしなく座っている人たちより、何かを達成したときに自負心もより大きかった」とし、また「解決できないことにも忍耐が増え自信が大きくなっていた」と説明している。

博士らによれば、正しい姿勢で座ることは活力を呼び起こして恐怖をなくし、自尊心を高め、ストレスの多い仕事にも耐えられるようになるとのこと。

また、そのために効果的な良い姿勢としては、自然に胸を張って腕をおろして背を伸ばし、頭頂は天井にひっぱられるようなイメージでいることだという。

日頃仕事でストレスが多く、うつ病に限らず落ち込みやすい人は、これを意識してみてはどうでしょう?

文/高野景子

シェア