抗争中の不良少年ら、警察がソフトボール大会で決着へ 金属バットでのケンカを、球技に変更


リアル「ルーキーズ」か?
リアル「ルーキーズ」か?

これぞ現代の“大岡裁き”。警視庁は、金属バットなどをつかって抗争を繰り広げてきた2つの不良グループを、警察官チームを含むソフトボール大会で“手打ち”させることを発表した。東京府中などで抗争してきた両グループは、今月下旬の試合後、解散することになる。

警視庁はさる8月に、東京府中市の神社で、少年ら29人がケンカをしようとしていたとして、両リーダーを含む3人を、決闘などの疑いで書類送検。またその他メンバー26名を補導した。書類送検された3名はいずれも17歳、解体工事現場などで働いていた。

これらのグループは、2年前からトラブルにより抗争を起こしており、決着をつけるために、ケンカをするはずだったという。だが一方のグループが金属バットを持ってあらわれたために、もう一方はケンカを拒否、現場から逃げ去っていた。

警視庁が開く“手打ち”のソフトボール大会では、もちろん金属バットを使用。だが、誰も血を流すことはないだろう。見事な“はからい”と言う他ない。

この試合、ぜひとも観に行きたい…。漫☆画太郎先生が作品化、さらに映画化…いろいろ想像してしまう話だ。

文/鷹村優


シェア