話題の「メロンパンの皮」はダイエット向け!!! 通常のメロンパンのカロリー半分以下だった


話題になったが、現在はヤマザキデイリーストアでよく見かけるようになった。
話題になったが、現在はヤマザキデイリーストアでよく見かけるようになった。

10月28日より全国発売され、インターネットで人気の山崎製パン「メロンパンの皮焼いちゃいました」。あの菓子パンの皮部分をクッキーのようにまとめたお菓子だ。

見た目もメロンパンというよりクッキー風。
見た目もメロンパンというよりクッキー風。

黒棒みたいな食感でもあります。
黒棒みたいな食感でもあります。

■ネット上では「メロンパンの皮じゃない」と批判も

だがネット上では「メロンパンの皮はこんな固くない」「ほとんど鳩サブレーの味じゃん」「メロンパンファンの心がわかってない」といった批判も。

たしかにそのものとは違うのだが、これはこれでアリ! 甘くてゴツくても脳がとけそうな美味しさだ。そして最大のメリットは、カロリーが低い、ダイエット向きのメロンパンということなのだ。

カロリーに注目していただきたい。
カロリーに注目していただきたい。

■通常のメロンパンの半分のカロリー

メロンパンといえば菓子パンのなかでも圧倒的なハイカロリーぶりに、食べることを敬遠している人も多いはず。バターと砂糖たっぷりで焼き上げているために、1つで600キロカロリーというのもざら。

だが「メロンパンの皮焼いちゃいました」は1袋でたったの245キロカロリー。600キロカロリーの通常版と比べれば半分以下。ふつうの菓子パンよりもカロリーはちょい低いぐらい。めちゃくちゃ甘いので満腹感もあり、これ一つでランチになると男性編集部員のコメントも。

たしかにメロンパンの皮じゃない感はあるのだが、このダイエット向きということをもって、温かい眼で見守ってはいかがだろうか!

文/鷹村優


シェア