チャーシューカツカレーって何!? 男のガチすぎる夢の料理を出すラーメン屋があった!!!


これが究極の「チャーシューカツカレー」
これが究極の「チャーシューカツカレー」

■チャーシューカツカレーというまさかの発想

チャーシューは、ラーメンの美味しさの半分を占めている、そんなことを言う人もいるし、ラーメンの中にあって麺とスープをさしおくぐらい、独立したすてきな食べ物だ。話はとっちらかるけれど、カツカレーも美味しい。カレーに揚げ物って最高だ。じゃあチャーシューとカツカレーを合わせてみよう、そんな発想があったとは。

でも、これがあった。どうやって合わせたかというと、カンタン。チャーシューに卵とパン粉をつけて揚げて、チャーシューカツに。それをカレーに乗っけてしまった。これがチャーシューカツカレー。コロンブスの卵で、聞いてしまえばさもありなんだけど、ものすごい発想だと思う。

■中年のおっちゃんにもバカうけ

これを出しているのは、吉祥寺にある「煎りにんにくラーメン よしきゅうZEN」。仕事先のおっちゃんが、このメニューを絶賛していた。「ギャルが万札でつくった服をきて嫁入りしてきたぐらい」嬉しいもんなんだと。たとえはゲスいが、その盆暮れ正月一緒感はわからないでもない。

ここのセットメニューは他にも海鮮丼とラーメンのセットとか、凄いものばかり。
ここのセットメニューは他にも海鮮丼とラーメンのセットとか、凄いものばかり。

吉祥寺駅の公園口を出てすぐの左手の路地に店はある。正面にはこってりラーメンの天下一品があり、お互いがバチバチしている。よしきゅうに入ってメニューを見ていると、チャーシューカツカレーは単品ではなく、ミニラーメンとのセット。にんにくのしっかり効いたラーメンで、これにカツカレーなわけで、こりゃ、おっちゃんも喜ぶなあ。万札ギャルがベンツで嫁入りレベル。

■女子は要注意の迫力の味わい

いや、すごかった。こりゃあ、すごい。チャーシューカツは厚さ20mm、直径10センチぐらいのフルボリューム。ただ、わざわざトンカツにする意味というか味というかを考えだすと、微妙なのかも。だけどこれはもうアイデア勝ちということで。揚げまくったチャーシューをカレーに乗っけて、おまけににんにくラーメンと一緒に食べてる、そんな私!っていう感覚の、アッパー感がものすごい。

これは体に良いとか、これはどこどこ産のものでとか、情報や理念で美味さを演出するのはよくあること。だけど私たち食べる方は“すんません、そこまでわからんす”というのもよくある。

でもこの店のチャーシューカツカレーとミニラーメンのセットは、チャーシューをカツにしたんじゃ、ドヤ! さらにカレーにのせてみたんだ、ドヤ! おまけにラーメンもつけたんじゃ、ドヤ! という凄い勢いでドヤドヤドヤとくる。もうそれにやられちゃって、確実に美味いのだ。おっちゃんのたとえの意味がよくわかりました、ゲスとか言ってごめんなさい。

ちなみに、耐性がない人はドヤドヤドヤ感にやられて、ものすごく胃もたれするのでご注意を。

【凄い系メニューなら、この記事もオススメ】
■蒙古タンメン中本ファンですら悲鳴あげる激辛ラーメン店 中本がケンシロウならこの店はジャギ…!!!  ■カレーパンを頼むとパンにカレーがのってくる店…! カレーはパンにかけるのが美味かった!!!  ■独身中年女性に人気「バースデーおでん缶」は美味いし…泣ける逸品 一人誕生会にぜひぜひ!

文/高野景子


シェア