世界ビール高価格ランキングで日本3位 海外から見たらボッタクリレベル


※画像はイメージです。
※画像はイメージです。
居酒屋に行くとジョッキ一杯が500円から600円程度するビールだが、海外では値段がずいぶんと違うのだ。なんと日本のビールは世界第3位の高さ!

旅行情報サイトGoEuroが世界40都市からビール価格を調査したところ、興味深い結果が判明した。330ml瓶での平均価格で、一番高いのは北欧ノルウェーのオスロで496円、2位はスイスのチューリッヒで425円、3位が東京で423円。

4位はイスラエルのテルアビブで335円、5位はイギリスのロンドンで295円となっている。

逆に安いのはポーランドのワルシャワでなんと、ビール1本が110円となっているのだ。日本の価格の約5分の一。この価格にくらべると日本のビールなんてボッタクリバー並!なんて思ってしまうぐらいだ。

なぜ日本のビールが高いかと言えば、タバコと同じで、税金が高いから! 日本の大瓶ビール(633ml)の小売価格は345円なのだが、45.2%の155円は酒税と消費税。他国で見てみると、ドイツ20.4%、フランス22.7%、アメリカ14.3というように、日本は税金が圧倒的に高いのだ。

みなさん、今年の夏もビールをたくさん飲むと思うが、「こんなに税金おさめてるんだぞ」と自慢に思った方がいいかも知れませんぞ。

文/編集部