ハローキティのビールが賛否両論 桃、バナナ、レモンなどのフルーツ味


※画像はDaily Mailより
※画像はDaily Mailより

「仕事を選ばない」ことに定評があるサンリオの人気キャラクター・キティちゃん(本名=ハローキティ)が、ついにビールにも手を出した。中国と台湾のみの限定販売で、味は桃、レモン、ライム、パッションフルーツ、バナナを含む4つの種類。女性をメインターゲットにした商品で、アルコール度数は2.3〜2.8%。キティはアジア圏でも人気が高いキャラクターであるため、かなりの反響を呼ぶであろうことは予想にかたくない。

だが元々は子供向けであるキティちゃんをアルコールのキャラクターに使うことには、反発の声も多いというが、日本のゆるキャラ関係者からは「さすが」の声が多い。

「ゆるキャラ界ではキティちゃんはよく『ヤ●●ンのキティ姐さん」なんて言われますが、これは皮肉も入りつつの称賛なんですよ。元祖ゆるキャラともいえるキティが世界制覇に動いている、多くのゆるキャラたちも応援していると思います。日本で大人気のくまモンでさえ、中国では『中華食材のキャラクター』扱いですからね」(某県ゆるキャラ制作委員関係者)

1974年生まれで、御年39歳なだけに、ちゃんというよりはキティさん。このアルコールドリンクでさらなる飛躍を見せられるのか、要注目だ。

(文/熊田虎雄)


シェア