アダムとイブが食べたのは禁断バナナ? リンゴじゃない学説にそんなバナナ!


クラナッハ作「知恵の樹」(wikipediaより)
クラナッハ作「知恵の樹」(wikipediaより)
禁断の果実はリンゴじゃなかった?

旧約聖書の『創世記』(2章9節以降)によれば、人類始祖であるアダムとイブは「善悪の知識の木」になっていたリンゴをもいで食べたために、楽園を追放されることになっている。だが禁断の実=リンゴ説はくつがえす説がいくつもあるというのだ。

リンゴは誤訳だったという説も

ジョン・ミルトンの「失楽園」(1667年)ではリンゴとされ、この説が世界に広まったとされる。しかし創世記の原典におけるリンゴは誤訳であるとされており、実際にはラテン語で「善悪の知識の木」の「悪の」の部分にあたる「malus」を、同じつづりの「リンゴ」の意味と取り違えてしまったと言われているのだ。

ナニっぽいのが禁断の果実

少なくとも、リンゴは寒冷な中央アジア原産とされ、エデンの園があったとされるペルシャ湾岸では育たないのである。

ダン・コッペル著『バナナの世界史』によれば、創世記に出てくる知恵の樹の実は、通説のイチジクではなくバナナであったとする仮説があるのだ。またイチジク、ザクロ、ダチュラ、ブドウなどの説もあるというのだが、それにしても説があがっている果物が、どれもちょっとセクシーな形状をしているのが気になるところ…。

実際はイチジクはヨーロッパでは女性のあれのシンボルなんだとか、バナナもそうだよねえ。

文/ケーシージョン坂本