ティファニーのCSR活動をローラがアフリカ・ケニアで取材 ショートムービーを公開

ティファニー_CSR活動_ローラ01

ティファニーは、2017年に「Tiffany Save the Wild」コレクションを発表して以来、その売上利益100%を野生動物の保護活動を展開する「Elephant Crisis Fund」に寄付することで、絶滅が危惧されている野生象の保護活動をサポートしている。

その活動の様子や、アフリカ・ケニアに生息する野生象の現状を知るために、モデルのローラがサンブル国立保護地区を訪問。その取材の様子をショートムービーとして公開した。

サンブル国立保護地区に生息する野生象との出会いに感銘を受ける様子や、ティファニーが活動をサポートする「Save the Elephants」本社や「Reteti Elephant Sanctuary」を訪れ、野生象を取り巻く現状を視察する自然体のローラさんのリアルな表情がおさめられている。

また、このショートムービーは「Tiffany Save the Wild」コレクションの象のブローチや、ティファニーの伝説的なデザイナーの一人であるエルサ・ペレッティのジュエリーを纏った美しい姿も見どころの一つだ。

ティファニー_CSR活動_ローラ02

ティファニー_CSR活動_ローラ03


シェア