食べやすく串に刺した”おつまみ”に便利な一品『さつま揚げ串』がウマ過ぎる!

この時期オススメの晩酌のビールのアテといえば、枝豆や冷ややっこ。でも、ケイエス冷凍食品から今春新たに発売された『さつま揚げ串』なら、手間要らずで本格的な小料理屋の味が楽しめる。

 

5種の野菜が入ったさつま揚げを、一口で食べやすい串刺しに

ケイエス冷凍食品株式会社(大阪府泉佐野市)『さつま揚げ串』(5個100グラム入り)は、5種野菜(枝豆・生姜・にんじん・たまねぎ・青ねぎ)が入ったさつま揚げを、食べやすく串に刺した”おつまみ”に便利な一品。

魚肉含有率25%で、1本あたりのカロリーはわずか28kcalと、とってもヘルシー。

電子レンジでも自然解凍でもOK!

晩酌のアテはもちろん、野菜嫌いな子どもでも食べやすいので、夕飯までのつなぎとなるおやつにも最適だ。電子レンジでも、自然解凍でも美味しくいただけるが、自然解凍はこれからの季節のお弁当にもピッタリ。保冷剤代わりに入れておけば、他の食材が傷むのも防いでくれて一石二鳥。

電子レンジで調理する場合、凍ったままの『さつま揚げ串』を食べたい個数分切り離し、ラップをかけずにトレーごと加熱するだけ。解凍時間の目安としては、2本を一度に解凍するのに600Wで約40秒。自然解凍なら約2時間で食べごろに。

実際、調理をして食べてみたところ、枝豆やにんじんの風味もほどよく残っていて、とても冷凍食品とは思えぬクオリティの高さに驚かされた。一本だけつまむつもりが、気付いたら次々手が伸びて、あっというまに完食してしまったほど。

これは我が家の定番になること間違いなし! チルドと違って賞味期限も長いので、冷凍庫に常備しておけばいつでも食べたいときに『さつま揚げ串』が食べられる。

なおパッケージ裏面には、公式ホームページと連動したマンガ「メシ屋物語」も掲載中。ほろ酔い気分で読むと、オヤジのアツい激励に思わずグッときてしまうこと請け合いだ。

子どものお弁当から大人のおつまみまで幅広く活躍してくれる『さつま揚げ串』は、全国のスーパーなどで発売中。

 

 

 



記事/おためし新商品ナビ

シェア