人気カキ氷を完全再現した『あじわいぷっちょ 白くま』は、口の中が本当にひんやり! まさに夏の味わい。

鹿児島発祥の「白くま」は、生のフルーツや練乳たっぷりのカキ氷! あの味わいをソフトキャンディで再現した『あじわいぷっちょ 白くま』は、その完成度の高さが話題! さっそく食べて、どれほど「白くま」なのか確かめてみよう!

攻めの「あじわいぷっちょ」から、まさかのハズレなしの味が登場!

 

UHA味覚糖『あじわいぷっちょ 白くま』(62g・希望小売価格 税込162円・発売中)は、ソフトキャンディ「ぷっちょ」シリーズの最新作。かき氷アイスで定番の「白くま」をぷっちょのグミとソフトキャンディで再現した、夏にふさわしい新風味だ。

 

「あじわいぷっちょ」といえば、攻めの味がたびたび話題(悲鳴?)になっている。これまでに「いか天」や「うめ塩こんぶ」、「オレンジリキュール」、「ピーナッツクリーム」など変わり種を数々を登場させ、しかしながらどれも意外においしい、と評価が高いことが特長だ。

新発売の『あじわいぷっちょ 白くま』は、フルーツやみつ豆、寒天を盛り付けたカキ氷に練乳ミルクシロップをかけた「白くま」がテーマ。これまでのような奇抜な味ではないものの、その再現度はもちろん、かき氷の涼しさまで感じられる「ひんやりペースト」が入っているというから楽しみだ。

 

1粒に、ぎゅっと白くまが凝縮されている!

『あじわいぷっちょ 白くま』は、袋の中に個包装で12個のぷっちょが入っている。ぷっちょは溶けやすくひっつきやすいので、冷暗所での保管がベター。

個包装を開けると、まっしろのソフトキャンディにパインなどのフルーツグミが少しのぞいていた。見た目からして「白くま」だ。

さっそくひとつ食べてみると、噛んだ瞬間かすかにひんやりする! おそらく甘味料がだ液と合わさったときに熱を奪う仕組みを利用しているのだろう。パインやオレンジのグミから果汁があふれだし、ミルクのソフトキャンディと混ざると完全に「白くま」の味になった! これはすごい!

噛むほどに、フルーツの甘さやあずきの香りが出てきて、本物のフルーツとあずきをほおばっているよう。パイナップル、桃、いちご、オレンジ、うんしゅうみかん、ライムなど様々な果汁が入っているようだが、パイナップルとオレンジの味がメインになっていて、缶詰フルーツの甘さを感じる。

 

いつでもどこでも「白くま」の涼しさが楽しめるなんて贅沢。友達とシェアして、夏を満喫しよう。

『あじわいぷっちょ 白くま』は1袋12個入りで、226kcal。全国のスーパーやコンビニエンスストアなどで幅広く発売中。オンラインショップ「UHAサテライト」でのお取り寄せも可能。期間限定のこの味をお見逃しなく!

記事/おためし新商品ナビ

シェア