ビビアン・スー年商70億円の夫とラブラブ写真 芸能界最大の勝ち組ぶりをアピール

美貌衰えないビビアン・スー。

美貌衰えないビビアン・スー。
美貌衰えないビビアン・スー。
夫と連れ子と手を重ね。
夫と連れ子と手を重ね。

ビビアン・スー(36)といえば、『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』への出演や「ブラックビスケッツ」の活動で人気を博した台湾出身のマルチタレント。2月19日、そんな彼女が現在の幸せぶりをインスタグラムでアピールした。

昨年2月にシンガポールの海運会社・マルコポーロ海業集団最高経営責任者CEO李雲峰氏(36)と結婚。同社は年商約70億円、そのトップとの結婚は“玉の輿”として、かつてのビビアンと仕事をした芸能人たちの間でも話題になったという。

「昨年2月に結婚式をシンガポールであげた際には、元モーニング娘。の保田圭なども参加しました。日本芸能界に籍をおいた芸能人としては、一番のセレブになったと言えますね。しかし、彼女はその性格の良さのせいか、芸能界からも妬まれずに祝福されています」(スポーツ紙記者)

インスタグラムには、夫にハグされている様子や、その連れ子と手を重ねた写真をアップ。「健康で、毎日幸せにくらしている」「未婚だった私は運命にひかれて夫と出会った」などと書かれている。

李雲峰氏には離婚歴があり、前妻の2人の連れ子がいたために、芸能マスコミからは「上手くいかないのでは」と言われていたが、お互いいたわりあっていい関係を築いているようだ。

文/原田大