コカコーラが飲めば筋肉ムキムキの牛乳を発売 低脂肪、高タンパク「Fairlife」とは?


これが話題の「Fairlife」。
これが話題の「Fairlife」。

ジャンクドリンクの代名詞ともなっている、コカ・コーラ社が米国で発売するのは、健康的な牛乳「Fairlife」。通常の牛乳よりもタンパク質が豊富で、砂糖と脂肪分は少ないために、筋トレのお供にも最適なのだ。

アメリカでも健康ブームがつづいており、炭酸飲料の消費量が低調となっている。同社にとっての苦境を、逆手にとった商品なのだ。

「Fairlife」はラクトース(乳頭)を含まず、通常の牛乳よりタンパク質は50%、カルシウムは30%も多くなっている。また砂糖は50%も少なくなっているのだ。(アメリカの牛乳は砂糖が入っていることが多いためけっこう甘い)。

ちなみに欧米ではラクトースフリーの製品が人気になっており、ラクトースとは哺乳類の乳汁に含まれる二糖類のことだ。大人が牛乳を飲むとお腹がゴロゴロする原因でもあり、過敏症や不耐症の人には非常に重要。

ワシントン・ポストのインタビューに対して、同商品の責任者で、コカコーラ社の幹部スティーブ·ジョーンズは、この製品を提供することで、米国での牛乳の消費量の下落も助けることができると答えている。

日本での発売も待たれるところだ。

文/編集部