容姿に自信ないとネットでイジメっ子に コンプレックスが攻撃性高める?


※画像はイメージですが、この画像こわい…。
※画像はイメージですが、この画像こわい…。

自分の容姿にコンプレックスを抱えているユーザーほど、インターネット上の「イジメ」に加担する傾向があるーー

今月2日、韓国保健社会研究院研究委員らは「ソーシャル・ビッグデータを利用したサイバーいじめタイプ別の予測モデル」で衝撃の研究結果を発表した。

この研究は、2011年1月1日から、昨年3月31日までに国内のオンラインニュースサイトやブログ、SNSなどでのいじめ関連トピック43万5565件を対象に行ったもの。それによれば「サイバーいじめ」の加害者となる最大の要因は、自分の外見に対する不満足であったという。

一方、いじめ被害者は対人関係を避けるなど、社会性が弱い傾向があったという。またいじめに加担はしないが、コメントするなどの傍観者にも、衝動的な傾向が強いことがわかったという。

従来のいじめでは、外見に優越感がある人が加害者になりやすいという研究結果があり、ネット上ではそれと真逆の結果が出たわけだ。研究者側は、オンラインの匿名性によるものではないかと指摘している。

参照/東亜日報
文/鷹村優


シェア