辻ちゃんソーセージおせち料理に非難の嵐 日本人の新しい食生活?


※画像は辻希美さん著『のんちゃんぷる -mother-』。美人すぎますね!
※画像は辻希美さん著『のんちゃんぷる -mother-』。美人すぎますね!
日本のママドル界のトップをはしる、元モーニング娘。の辻希美(26)。スタイル、ビジュアルともに高いレベルを誇るために、なにかと世の女性たちから嫉妬を受けている彼女だが、新年早々大変な目にあっている。

彼女が自身のブログに、元日の11時頃にアップした「おせち料理」の写真がバッシングを受けているのだ。美味しそうな煮しめに、伊達巻や栗きんとん、お雑煮、そして特に目立つのは加工肉。ソーセージやロースハム。

あらゆる料理にウィンナーを入れる女、という風にインターネット上で言われることが多い彼女なだけに、「おせちにまでウィンナーとは…」といった書き込みがインターネット上でなされているのだ。だが、この日記をよく見ればわかるように、この一連のおせち料理は「ママが作ってくれた」ものだそうだ。辻ちゃんはいわば無罪。

しかし辻アンチな女性たちは“ウィンナーソーセージだけ彼女が作ったのでは”“お母さんもウィンナー好きか”“新春早々のアレにしか見えないデカウィンナーって(///∇//)”これって手抜きだよね”“今の日本人の食生活がヤバいってよくわかる”などの批判を寄せている。

ふつうに見る限りは美味しそうなんですけどね…たしかにウィンナーはぎょっとしますが。ちなみにウィンナーソーセージの横にあるぶつ切りの物体はおそらく、焼いたタラコですからね。…え、焼きタラコ? これもおせちには珍しそうな。たしかに子沢山につながりそうな、辻さん4児目も期待しております!

文/編集部
参照/辻希美公式ブログ「のんピース」